「いつか2人が同じテーブルで食事をするという夢がある」

1人の男が愛のために亡くなった。

その墓標には国民の約4割が足を運んだという。

 

「死んだ者を生き返らせる……今まで何人の人が、望んだ事だろうね」朦朧とした意識の中、男はやさしい笑顔で囁いた。

この男はかつて賢者と呼ばれていた。

だが、すでに時間を忘れている。

 

毎晩明かりを消す時に「今日もありがとう、いつでもいいよ」と言われている。

すると妻はきまって、「形のないものに美しさは宿ると思いますか?」と返した。

あなたも、我々と共に答えを探す旅に出ませんか?

 

おすすめの記事