「恐怖は過去からやって来る」のであれば、過去が無ければ恐怖は存在しないとも言える。

では、記憶を持つ人間は必ず恐怖を覚えるのだろうか。

答えはノーだ。

 

彼女、コードネームSM-046は怖がらない。

脈拍は至って健全、何をしても何をされても緩やかだ。

・・・何をしてもされても。

 

恐怖を感じない彼女に恐怖を感じる人間が増えた。

そしてついに警察が彼女の元に現れた。

「社会が怯えている」それが逮捕状の説明だった。

 

おすすめの記事