読めない小説

小指の先の天使

投稿日:2018年10月2日 更新日:

「小指の先には天使がいた」勤続30年のベテラン刑事はそう言い残して退官した。

 

この町では年間20もの殺人事件が起きるが、住人はおろか警察でさえ死体の小指を見たことはない。

 

本日、署に届いた箱には親指が詰められていた。新たな事件の始まりだった。

 

副業3

副業3

-読めない小説


コメントの表示はしません。でも、必ず拝見致します。

関連記事

夢の所有権

誰にでも夢の中で幸せを感じた経験があると思う。人は死ぬ時、生きていた時に深く心に刻んだ記憶が次々と浮かぶという。夢と記憶から感情を抜いたらどうなるんだろう。   「あなたの目に見えてる世界と …

昆虫汚染区域

世界から「隔離された国」がある。そこは文化を捨てた国だ。文化の発展はリサイクルの限界を越えて地球を汚染していた。   人間も自然の産物だとすれば、人の生み出すゴミもまた自然の産物と言える。だ …

カスパロフの敗因

常に不遜不敵な笑みを浮かべる男カスパロフ、彼はチェス世界王者であり本物の天才と言われている。   人とAIどちらが強いのか、世界が注目する大一番一局目44手、AIは定石を無視した余人の想像を …

ギャングスターに憧れたのだ

「ここに手傷を負った男が通らなかったか?」「あちらに行きました」即座に答えた少年の傍らで倒れている男が何かを呟いた。   その日以来、街は天動説となった。男は「感謝」と「敬意」を示したのだ! …

無観客劇場

学校の先生が「世の中には二種類の人間がいる。それは作る人と使う人だ」と言っていた。作る理系と使う文系、昔はこんなことが言われていたらしい。   今では劇場は増えて踊り子も増えて振付師も一流と …

資本主義を変える、未来の通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

副業4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。