読めない小説

ギャングスターに憧れたのだ

投稿日:

「ここに手傷を負った男が通らなかったか?」「あちらに行きました」即座に答えた少年の傍らで倒れている男が何かを呟いた。

 

その日以来、街は天動説となった。男は「感謝」と「敬意」を示したのだ!

 

「希望」と「憧れ」を受け取った少年はギャングスターとしてその一歩を歩み始めた…!

 

副業3

副業3

-読めない小説


コメントの表示はしません。でも、必ず拝見致します。

関連記事

電子マネーの虎

「金が実在することに価値はあるのか?」1970年代、通信インフラ会社に務める男は金の存在価値について考えた。   思考を重ねた結果「金を電子化すること」を夢見て会社を興した。すると外資系企業 …

小指の先の天使

「小指の先には天使がいた」勤続30年のベテラン刑事はそう言い残して退官した。   この町では年間20もの殺人事件が起きるが、住人はおろか警察でさえ死体の小指を見たことはない。   …

腐らない身体

ある日買い物から戻った時、ふいに親戚が訪ねてきた。外科医の男は買い物袋を棚の上に置いたまま、その存在を忘れてしまった。   14年後、引っ越しを迎えた時、そこに買い物袋は置いてあった。中身は …

カスパロフの敗因

常に不遜不敵な笑みを浮かべる男カスパロフ、彼はチェス世界王者であり本物の天才と言われている。   人とAIどちらが強いのか、世界が注目する大一番一局目44手、AIは定石を無視した余人の想像を …

若者の反撃

失業率30%、加えて財閥系企業に入らねば人でないとまで報道された就職状況において、一人の若者がSNSで宣言通りの投身自殺を実行した。   一人また一人と、呼応した若者が次々に投身自殺を図ると …

資本主義を変える、未来の通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

副業4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。