読めない小説

「この物体には時間が流れていないようだ」

投稿日:

「いつか2人が同じテーブルで食事をするという夢がある」1人の男が愛のために亡くなった。その墓標には国民の約4割が足を運んだという。

 

「死んだ者を生き返らせる……今まで何人の人が、望んだ事だろうね」朦朧とした意識の中、男はやさしい笑顔で囁いた。この男はかつて賢者と呼ばれた。すでに時間を忘れている。

 

毎晩明かりを消す時に「今日もありがとう、いつでもいいよ」と言われている。主治医は愛について思い出していた。

 

副業3

副業3

-読めない小説


コメントの表示はしません。でも、必ず拝見致します。

関連記事

若者の反撃

失業率30%、加えて財閥系企業に入らねば人でないとまで報道された就職状況において、一人の若者がSNSで宣言通りの投身自殺を実行した。   一人また一人と、呼応した若者が次々に投身自殺を図ると …

渇いた叫び

1980年代にJourneyのヴォーカルとして活躍したスティーブ・ペリーは、「20世紀最高の声」「百万人に一人の声」と称されていたが、突如としてバンドを脱退する。   40年経った今でもその …

無観客劇場

学校の先生が「世の中には二種類の人間がいる。それは作る人と使う人だ」と言っていた。作る理系と使う文系、昔はこんなことが言われていたらしい。   今では劇場は増えて踊り子も増えて振付師も一流と …

昆虫汚染区域

世界から「隔離された国」がある。そこは文化を捨てた国だ。文化の発展はリサイクルの限界を越えて地球を汚染していた。   人間も自然の産物だとすれば、人の生み出すゴミもまた自然の産物と言える。だ …

夢を忘れていた古い地球人たち

「地球は青かった」宇宙飛行士ガガーリンは語った。1960年代、人類は上に何があるのかを確かめた。次は下だ。   今日はエベレストをひっくり返してもなお、底が見えないマリアナ海溝に初めて光が射 …

資本主義を変える、未来の通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

副業4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。