読めない小説

若者の反撃

投稿日:2018年10月2日 更新日:

失業率30%、加えて財閥系企業に入らねば人でないとまで報道された就職状況において、一人の若者がSNSで宣言通りの投身自殺を実行した。

 

一人また一人と、呼応した若者が次々に投身自殺を図ると少子高齢化で労働人口率減少に頭を悩ませる政治家大企業組合は見過ごせない事実としてこれを受け止めた。

 

だが、それは「権力」と「立場」を逆手に取る若者グループによる静かなる国家転覆事件の序章だった!

 

副業3

副業3

-読めない小説


コメントの表示はしません。でも、必ず拝見致します。

関連記事

夢を忘れていた古い地球人たち

「地球は青かった」宇宙飛行士ガガーリンは語った。1960年代、人類は上に何があるのかを確かめた。次は下だ。   今日はエベレストをひっくり返してもなお、底が見えないマリアナ海溝に初めて光が射 …

昆虫汚染区域

世界から「隔離された国」がある。そこは文化を捨てた国だ。文化の発展はリサイクルの限界を越えて地球を汚染していた。   人間も自然の産物だとすれば、人の生み出すゴミもまた自然の産物と言える。だ …

機械仕掛けの伝染病

昔は個人情報が価値になるなんて思いもしなかった。営業リストに使えるだけで全く意味がないと思っていた。2025年、電脳化の一般普及が終えた頃、そんな常識を揺るがす事件が起きた。   なんと、マ …

渇いた叫び

1980年代にJourneyのヴォーカルとして活躍したスティーブ・ペリーは、「20世紀最高の声」「百万人に一人の声」と称されていたが、突如としてバンドを脱退する。   40年経った今でもその …

過去から迫る恐怖

「恐怖は過去からやって来る」のであれば、過去が無ければ恐怖は存在しないとも言える。では、記憶を持つ人間は必ず恐怖を覚えるのだろうか。答えはノーだ。   彼女、コードネームSM-046は怖がら …

資本主義を変える、未来の通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

副業4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。