読めない小説

腐らない身体

投稿日:2018年10月2日 更新日:

ある日買い物から戻った時、ふいに親戚が訪ねてきた。外科医の男は買い物袋を棚の上に置いたまま、その存在を忘れてしまった。

 

14年後、引っ越しを迎えた時、そこに買い物袋は置いてあった。中身は新品同様のチーズバーガーだ、男は震えた。アメリカでは低所得層ほど肥満体型が多いという。

 

世の中には食用カエルが存在することを思い出した男は、人とカエルの死体を解剖した所、驚くべき陰謀に気付いてしまった・・・!

 

副業3

副業3

-読めない小説


コメントの表示はしません。でも、必ず拝見致します。

関連記事

過去から迫る恐怖

「恐怖は過去からやって来る」のであれば、過去が無ければ恐怖は存在しないとも言える。では、記憶を持つ人間は必ず恐怖を覚えるのだろうか。答えはノーだ。   彼女、コードネームSM-046は怖がら …

渇いた叫び

1980年代にJourneyのヴォーカルとして活躍したスティーブ・ペリーは、「20世紀最高の声」「百万人に一人の声」と称されていたが、突如としてバンドを脱退する。   40年経った今でもその …

夢の所有権

誰にでも夢の中で幸せを感じた経験があると思う。人は死ぬ時、生きていた時に深く心に刻んだ記憶が次々と浮かぶという。夢と記憶から感情を抜いたらどうなるんだろう。   「あなたの目に見えてる世界と …

若者の反撃

失業率30%、加えて財閥系企業に入らねば人でないとまで報道された就職状況において、一人の若者がSNSで宣言通りの投身自殺を実行した。   一人また一人と、呼応した若者が次々に投身自殺を図ると …

カスパロフの敗因

常に不遜不敵な笑みを浮かべる男カスパロフ、彼はチェス世界王者であり本物の天才と言われている。   人とAIどちらが強いのか、世界が注目する大一番一局目44手、AIは定石を無視した余人の想像を …

資本主義を変える、未来の通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

副業4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。