あいつの成功事例-黄金体験 人間の物語

小学生が見せた黄金の精神

投稿日:2018年6月27日 更新日:

【結論】

・覚悟とは犠牲の心ではない

今、日本は経済的格差が目に見える社会になってきた。

 

子どもは自由に伸び伸びと育つことを推奨するが、

多くの子どもは習い事をしているため、時間に追われることが多くなった。

以前のようにそもそも時間を忘れて遊ぶことは出来なくなりつつあるのかもしれない。

 

Cは、いわゆる昔ながらのガキ大将というイメージで、

身体が大きく運動神経に優れており、仲間内で先頭で腕組みしているようなタイプだ。

 

その彼が五年生の途中から初めてサッカーに触れた。

 

「仲の良い友だちがサッカーをやっているからおれもやりたくなった」

仲間といる時間をもっと増やしたかったのかもしれない。

 

Cは運動能力に優れていたため、

サッカーを始めると、途端にある程度の肉弾戦で力を発揮した。

根本的に身体の強さが光っていた。

 

しかし、一昔前のサッカーであれば体力と根性にモノを言わせて活躍が出来たが、

今のサッカーはサッカーIQなど、知性の部分が特に求められる。

 

そして6年生になると、公式戦はすべて最後の大会になる。

自然と選手もやり切るために妥協を一切しなくなっていく。

居残り練習、自主練習、とにかくプロ意識の高い選手を中心に黙々と練習に打ち込む。

 

時間が経過すると共に、

Cの中にはある種、葛藤のようなものが生まれていった。

 

学校では腕っぷしの強さもあって主役として威張れる。

しかし、サッカーになると自分が一番出来ない人間として扱われる。

我執というか、自分がどう見られているのかってのは、やっぱり気になるよな。

 

大人になると、それは「立場と役割」という解釈の元、

自然と受け入れることが出来るようになっていく。

 

けど、まだ小学生にとって、その相反する環境と状況に対して理解が出来ない。

「何でこうなるんだ?」って、Cからはずいぶん相談を受けた。

 

そのうち、得体の知れない恐怖を抑えるために、

Cは練習もサボるようになり、自分が威張れるフィールドに戻ることも視野に入れつつあった。

 

だけど、「サッカーが好きだから」と言って、

決して辞めるという選択はしなかった。

 

こういう状況について、腐ったみかんと解釈をするコーチもいる。

最後の夏は真剣勝負。

揺れている場合じゃない、分かる、とても分かる。

 

人間教育の幅を広げるかどうか、考えれば考えるほど深みにハマっていく。

最終的な判断はとても繊細でシビアなものに落ち着くんだけどね。

 

そして最後の大会が始まった。

 

親や関係者はみんな観に来る。

グループ突破を掛けて熱い試合が続く。

 

けど、熱いプレーとケガはもはや表裏一体だと思う。

 

・・・スタメンのやつが負傷した。

前半早々だった。

少なくともこの試合は難しいことが分かった。

 

「誰がやるか?」

 

ベンチの判断で試合は決まる。

 

誰を使うのか、、、

奇遇にもそのポジションはCが得意とするポジションだった。

 

6年生にとって最後の大会、

親からすれば、最後はなんとしても有終の美を飾りたいと考える人も多い。

とはいえ、想いだけではやれないので、ある程度の狙いと勝算は持たなきゃならない。

 

一瞬だけど、とても深く、次の展開を見据えて熟考した。

 

「C、行こうか」

人知れず悩みながらも前へ進もうと頑張る彼を信じたくなった。

きっと何かもたらしてくれるだろうって。

 

Cはすぐに準備して交代ゾーンに向かおうとする。

 

しかし、交代ゾーンに向かう途中でベンチに引き返してきた。

 

ちょっと意味が分からない。

 

ちょっと半泣き。

 

ますます意味が分からない。

 

「おれの代わりに○○を出してください」

突然の申し出。

 

「・・・出たくないってこと?」

「出るべきじゃないと思う」

 

時間も無いのですぐに指名したそいつを交代ゾーンに送り込んだ。

・・・5年生ね。

 

「ここは譲るべきだと思った」

という言葉を言い終わるかどうかで号泣。。。

 

意味は分かってる、そういうことなら、そういうことなんだろう。

その意図と決意が伝わってきた。

 

とりあえず、おれももらい泣きしそうだった。

 

「その決断、素直に凄いと思ったよ」

ただひたすら横で泣いているのでほぼ独り言のように伝えた。

 

「譲るべき時と譲ってはいけない時がある、後で詳しく話すけど、今はそれだけを覚えておいて」

と伝えて、また試合に意識を戻した。

 

身体の震えが止まらなかった。

副業3

副業3

-あいつの成功事例-黄金体験, 人間の物語
-, , , , , , , , ,


コメントを残す

関連記事

愛情の共依存ー前編ー

【結論】 ・運という見えない要素が結果に大きな影響を与える サッカーで勝つために必要な要素を分解すると下記のような分析が出来ると言われている。   戦術60%、個人技術30%、運10% &n …

テレアポで心が壊れそうになった話

【結論】 ・恐怖を乗り越えるためには、わずかでもいい、一歩前ずつ歩みを進めるしかない テレアポ……… 聞いただけで身の毛のよだつ様な記憶が蘇る人もいることでしょう。   「結構です」ガチャ …

戦いは男の仕事

【結論】 ・誰かを助けたいと思った時、自分の覚悟が決意に変わる やるべきことを先送りにする時、それは後から災いになる。 まさに、恐怖は過去からやってくる。   勝負事で負けた時、 「おれ、本 …

8年戦争-後編-

【結論】 ・自分で自分の才能を諦めない限り必ず成長出来る ※8年戦争-前編-   続き   小学校卒業直前、最後のバトルも印象的だった。   すでに二人の進路は決まってお …

8年戦争-前編-

【結論】 ・ライバルとは、自分の潜在能力に気付きを与えてくれる存在である 「こいつにだけは負けられないっ!」 「この人に良いところを見てもらいたいっ!」 ライバル関係、師弟関係、人が成長する上で関係性 …

資本主義を変える、未来の通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

副業4

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。