渇いた叫び

2018/10/10   -読めない小説

1980年代にJourneyのヴォーカルとして活躍したスティーブ・ペリーは、「20世紀最高の声」「百万人に一人の声」と称されていたが、突如としてバンドを脱退する。   40年経った今でもその …

機械仕掛けの伝染病

2018/10/09   -読めない小説

昔は個人情報が価値になるなんて思いもしなかった。営業リストに使えるだけで全く意味がないと思っていた。2025年、電脳化の一般普及が終えた頃、そんな常識を揺るがす事件が起きた。   なんと、マ …

無観客劇場

2018/10/05   -読めない小説

学校の先生が「世の中には二種類の人間がいる。それは作る人と使う人だ」と言っていた。作る理系と使う文系、昔はこんなことが言われていたらしい。   今では劇場は増えて踊り子も増えて振付師も一流と …

ギャングスターに憧れたのだ

2018/10/04   -読めない小説

「ここに手傷を負った男が通らなかったか?」「あちらに行きました」即座に答えた少年の傍らで倒れている男が何かを呟いた。   その日以来、街は天動説となった。男は「感謝」と「敬意」を示したのだ! …

過去から迫る恐怖

2018/10/04   -読めない小説

「恐怖は過去からやって来る」のであれば、過去が無ければ恐怖は存在しないとも言える。では、記憶を持つ人間は必ず恐怖を覚えるのだろうか。答えはノーだ。   彼女、コードネームSM-046は怖がら …

夢を忘れていた古い地球人たち

2018/10/04   -読めない小説

「地球は青かった」宇宙飛行士ガガーリンは語った。1960年代、人類は上に何があるのかを確かめた。次は下だ。   今日はエベレストをひっくり返してもなお、底が見えないマリアナ海溝に初めて光が射 …

夢の所有権

2018/10/04   -読めない小説

誰にでも夢の中で幸せを感じた経験があると思う。人は死ぬ時、生きていた時に深く心に刻んだ記憶が次々と浮かぶという。夢と記憶から感情を抜いたらどうなるんだろう。   「あなたの目に見えてる世界と …

「この物体には時間が流れていないようだ」

2018/10/04   -読めない小説

「いつか2人が同じテーブルで食事をするという夢がある」1人の男が愛のために亡くなった。その墓標には国民の約4割が足を運んだという。   「死んだ者を生き返らせる……今まで何人の人が、望んだ事 …

昆虫汚染区域

2018/10/03   -読めない小説

世界から「隔離された国」がある。そこは文化を捨てた国だ。文化の発展はリサイクルの限界を越えて地球を汚染していた。   人間も自然の産物だとすれば、人の生み出すゴミもまた自然の産物と言える。だ …

電子マネーの虎

2018/10/03   -読めない小説

「金が実在することに価値はあるのか?」1970年代、通信インフラ会社に務める男は金の存在価値について考えた。   思考を重ねた結果「金を電子化すること」を夢見て会社を興した。すると外資系企業 …

資本主義を変える、未来の通貨

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

副業4